快適生活を賃貸物件から始めましょう

「快適生活を賃貸物件から始めましょう」で賃貸情報GET!

賃貸のことについて豊富なお役立ち情報を公開しています。
まずは「快適生活を賃貸物件から始めましょう」をお気に入り登録しておくと便利です。

 

どんなに賃料が安かったとしても、その物件の利便性が全くダメなようではその物件を選ぶ価値はありません。
確かに賃料も大切な賃貸選びの重要なポイントとなりますが、最も重要なことは利便性だということを忘れないでください。

 

非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。「この物件なら少しくらい予定賃料を上乗せしても良いかな」と思いがちですが、それは大変危険なことです。
賃貸探しで予定賃料の引き上げは最終手段であり、とにかくまずはじっくりと収入に見合う賃貸を探しましょう。





快適生活を賃貸物件から始めましょうブログ:2018-12-19
減量の時に食事の回数を減らすといけない理由を
みなさまは知っていますか?

それは、脂肪が体に定着しやすくなるからなんですね。

腹が空くのは当たり前のことですが、
イライラするほど腹が空きすぎた状態というのは、
体に必要なエネルギーが足りておらず、危機感を感じている証拠。

この状態の時にライスを食べると、
体は同じようなことになるのを避けるために、
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとします。
このエネルギーというのが脂肪です。
 
せっかくライスの量や回数を減らして、
摂取カロリーを減らしているつもりなのに、
吸収される脂肪や栄養素が増えてしまうのは
あまり効率がよくないですよね。

これらのマイナス面をクリアするためには
「腹が空いた状態を作らない」ことが大事なんです!

そのためには、
「食事の回数を増やす」のが有効!

ここで大切なのは、
摂取カロリーは3食の時と同じくらいにすることです。
同じように4食食べれば、
単に摂取カロリーが増えただけとなってしまいます。
 
食べ物を消化するには
だいたい3時間〜四時間かかるので、
その間隔で少量ずつ摂るとよいでしょう。

また、1回の食事量を減らさなければならないからといっても、
ライスや麺類などの主食を減らすのはあまりよくありません。
これらを減らすとリバウンドの可能性が高くなるので注意しましょう。

3時間〜四時間おきに
規則正しく食事を摂るのはなかなか難しいかもしれませんが、
その場合は、おやつを軽い食事に変えるなどして、
食事の回数が増えるよう工夫してみてください。
 
こうして、効率よく脂肪燃焼できる体になって、
減量を成功させましょう!

快適生活を賃貸物件から始めましょう モバイルはこちら