《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている

"広告雑誌で最も注意をしておかなければいけないこととしましては、発売されるまで約2週間程度のブランクがあるということです。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。

 

広告雑誌におきましては誌面が限られているということで、どうしても偏ってしまっている情報が掲載されます。
良いことだけを紙面に掲載していることから、不動産屋にまで足を運んでもらいためのおとり広告だと思ってもいいでしょう。

 

賃貸住宅情報誌に掲載されているものを基準として考え、家賃相場を予測してはいけません。
特に東京や大阪などの都市部ではよくある話しですが、不動産屋で相場を聞くと想像以上だった、なんてことはよくあることです。"



《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されているブログ:2018-11-15

お母さんが外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
お母さんが外国語を喋れないとやり出すものに、
息子への外国語教育がある。

お母さんが外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
息子の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れないお母さんはこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かなお母さんたちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我が息子に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
その息子の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそも息子というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

お母さんの意思によって
息子は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

お母さんが外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我が息子に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
息子に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。