《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている

"広告雑誌で最も注意をしておかなければいけないこととしましては、発売されるまで約2週間程度のブランクがあるということです。
このことから問い合わせをしても、すでに契約されてしまっているケースが多いのです。

 

広告雑誌におきましては誌面が限られているということで、どうしても偏ってしまっている情報が掲載されます。
良いことだけを紙面に掲載していることから、不動産屋にまで足を運んでもらいためのおとり広告だと思ってもいいでしょう。

 

賃貸住宅情報誌に掲載されているものを基準として考え、家賃相場を予測してはいけません。
特に東京や大阪などの都市部ではよくある話しですが、不動産屋で相場を聞くと想像以上だった、なんてことはよくあることです。"



《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されているブログ:2018-12-16

シェイプアップするとき、
適度に体操することが大切!なんですが…

普段体操をしない人にとっては、
無茶な条件という風に思うかもしれません。

しかし
体操をしなければならないのには
ちゃんとした理由があるんですよね。

シェイプアップ期間を抜け出せば、
普通の食生活に戻すこととなります。
普通の食べる事に戻すと、
再び体重が元の状態に戻ってしまうイメージってありませんか?

確かにシェイプアップ前の食べる事量に戻してしまうと、
摂取カロリーが増えます。
ですから、そのままにしておくと、
再び体重が増加してしまう可能性は高まります。

シェイプアップ後に食べる事をある程度の量に戻しても、
なかなか体重が増えないようにするために
適度な体操が必要なんです。

体操をすれば、おのずと筋肉がついてきます。
この筋肉が、体重のリバウンド対策にはどうしても必要なんです。

筋肉は、ミーたちの肉体の中で最もカロリーを使う部分です。
ですから日常の動きを、
筋肉の量の多い人と少ない人が同じようにやったとしても、
使われるカロリーの量に差が出てくるわけです。

シェイプアップ期間中に、
適度な体操を習慣にしていれば、筋肉の量が増えていきます。
このため、たとえ昔食べていた食べる事の量にまで戻したとしても、
筋肉が消費してくれますから、
すぐに体重がリバウンドするということを防ぐことができるんです。

ところが、
ただ単に食べる事制限だけでシェイプアップをした場合には、
筋肉の量が増えていません。

逆に入ってくるカロリーの量が減ったことによって、
カロリーを無駄に使う筋肉を減らそうとします。
ですからむしろ、筋肉は前よりも減っている可能性があります。

このような事情から、
シェイプアップには適度な運動が大切!なのです。