《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう

"退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
敷金を巡ってのトラブルが多いことから、事前にこのガイドラインの情報は確認をしておくようにしましょう。

 

礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
一般的に賃料の1〜3ヶ月分が礼金として支払うこととなりますが、今では礼金という習慣そのものを無くした物件も多くあります。

 

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
退去時の現状復帰費用で使用されたり、また家賃の滞納があった場合にその補填分として敷金が使用されます。"



《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しようブログ:2019-01-24

減量の食事方法では
「質」が重要なポイントとなります。

食事の質とはそのカロリーの中身です。
いくら摂取カロリーを抑えていたとしても
脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
減量の妨げになるばかりです。

正しい栄養バランスで
食事を食べることがとても大切なのです。

では
どのような食事が減量に最適なのかというと、
ポイントは3大栄養素のバランスです。

これは栄養学の基本であり、
これを正しく理解しておかないと
減量の成功はありえないと言っても
過言ではないくらい重要です。

では、3大栄養素の中で
最も人間の体質に必要な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は人間のエネルギー源であり、
炭水化物が不足すれば人間の活動レベルも低下しますし、
減量に関しても逆効果を招くのです。
そのくらい重要ってことですね。

さて、
そこで問題となるのが減量を行う場合、
皆さん真っ先に炭水化物を減らそうとするのですが、
これが大きな間違いなんですよね。

「PFCバランス」と言う栄養比率があります。
PFCバランスは
食事の理想的な3大栄養素の比率を割合で示したもので、
その割合を目安にする事で健康的であり、
太りにくい食生活となる比率のことです。

現代人の食生活は欧米化による脂質の高い食生活になっており、
栄養バランスが崩れがちです。

減量で食事に気をつける場合、
PFC比率を目安に食事を摂ることが
理想的な食事となるのです。

減量では
運動を行うためタンパク質の比率をやや重視して
食事することが効果的となります。