《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある


《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
"梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
「とにかく空室は避けたい」という大家さんの意向もあってか、家賃の値下げ交渉などに積極的な大家さんも出てきます。

不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期というのは新社会人や新入生の多い3〜4月であり、多くの不動産屋では賑わいを見せています。

冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
借り手はいくらでもいることから、家賃や礼金などの値下げ交渉の場に付いてくれないケースがほとんどです。"




《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもあるブログ:2019-03-07

みなさんは、
ダイエットを始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
ダイエットの停滞期というものなんですよね。
ダイエットをしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ~と勝手に思い込んで
ダイエットをやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
ダイエットをあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けてダイエットを行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

ダイエットでご飯の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分が肉体の中に入ってこないため、
肉体は栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかく肉体の中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
ダイエットを行なったりするのは危険!

停滞期は、
肉体が危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていたダイエットを続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ~と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、2ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度ダイエットを見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながらダイエットしていくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

★メニュー

《お役立ち情報》不動産屋は管理物件を多数抱えている店舗へ
《お役立ち情報》悪質な広告には賃貸契約をさせるための策略がある
《お役立ち情報》家賃の半年分程度は初期費用として用意
《お役立ち情報》出せる家賃の設定が最も大切
《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある
《お役立ち情報》敷金の使われ方と礼金に注意しよう
《お役立ち情報》競合しているからこそ不動産屋は狙い目
《お役立ち情報》賃貸探しは引越しの2週間前
《お役立ち情報》賃貸情報誌は偏った情報が掲載されている
《お役立ち情報》インターネットがやっぱり賃貸探しで役立つ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)快適生活を賃貸物件から始めましょう