《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもある

"梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
「とにかく空室は避けたい」という大家さんの意向もあってか、家賃の値下げ交渉などに積極的な大家さんも出てきます。

 

不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期というのは新社会人や新入生の多い3〜4月であり、多くの不動産屋では賑わいを見せています。

 

冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
借り手はいくらでもいることから、家賃や礼金などの値下げ交渉の場に付いてくれないケースがほとんどです。"





定年退職 記念品
URL:http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/
定年退職 記念品


《お役立ち情報》時期によって賃貸の家賃が高くなることもあるブログ:2019-03-21

赤ちゃんは生まれてから長らく話すことができない。
そのため、自分の意思を母になんとか知らせようとする。

泣いたり、手足をバタバタさせたり…
その最たるものは「ベビーサイン」だ。

これは誰かから教えて貰うよりも、
赤ちゃんを産んだら、とにかく離れないこと大切!

母が赤ちゃんと一緒にいるからこそ、
赤ちゃんの気持ちが解るようになるのである。

哺乳動物というのは、
母は絶対に赤ちゃんから離れようとしない。

哺乳動物は母が産む赤ちゃんの数が少ないために、
母は赤ちゃんを守るように、大事に育てていくのが鉄則。
これは人間だって変わりはしない!

哺乳動物なのに母と子供を切り離せば、
母は赤ちゃんの気持ちが解らなくなるし、
赤ちゃんだって母に対して
絶対的な不信感を抱いてしまうことになる。

仲の良かった夫婦でも、
家内は旦那が赤ちゃんを扱う時に
ハラハラドキドキしてしまう…

それもそのはず、
家内は四六時中赤ちゃんと一緒にいるのに対して、
旦那は日中は仕事に出かけているために、
赤ちゃんに接する時間が圧倒的に少ない。

そのため、
赤ちゃんの扱いに全然慣れてなくて、
赤ちゃんの気持ちを無視して、
自分の感情を押しつけてしまうからだ。

赤ちゃんは生後半年まで寝たきりだし、
生後一年目にしてやっと1人歩きができるようになる。

しかも1歳児は喋れもしないのに、
勝手に動き回るので、危険極まりない存在である。

なので生後二年を超えるまでは、
とにかく母は赤ちゃんの側を離れてはいけない。

赤ちゃんの側を離れないからこそ、
母は赤ちゃんの気持ちが解るようになり、
徐々に言葉を覚えて行って、
自分の意思をきちんと伝えられるようになるのだ。